「iecoco通信 vol.3」に掲載されました | ふじみ野市のリフォーム・注文住宅の神木工務店|富士見市・三芳町

ふじみ野市でキッチンリフォーム・浴室リフォーム・注文住宅をご提案する神木工務店

メニュー

HOME > 応援し隊 > 「iecoco通信 vol.3」に掲載されました

「iecoco通信 vol.3」に掲載されました

「iecoco通信 vol.3」に掲載されました

弊社が加盟している「iecoco(イエココ)ネット」の「iecoco通信 vol.3」でインタビューを受けました。

iecocoネットとは皆さんの一生涯のパートナーとしてお付き合いいただける、そして『良い家を作りたい』、『良いリフォームをご提供したい』という同一の志を持った工務店が集まって、これを一つのグループ(仲間)として、地域の皆さんに向けて積極的に情報発信していくためのポータルサイト型ホームページです。

2016年1/1~2/29には『レッツゴーキャンペーン』といったホームページからお問い合わせをするだけで、プレゼントがもらえるかもしれないお得なキャンペーンも開催いたします。
年末までにはホームページでキャンペーン情報も記載するので楽しみに待っていてくださいね!!

信用を得るにはまずは資格から

高校卒業後は調理師を目指していたという神木工務店の神木宏晃社長。
20歳のときに急に同社を継ぐ決意をしたということですが、そのきっかけは何だったのでしょうか。


「父は中学卒業後に修行に入った叩き上げの大工で、工務店経営の大変さが身に染みていたのでしょう、私には「事業を継げ」と一度も言ったことはありませんでした。それで高校時代に興味のあった調理師の道を選んだのですが、20歳のとき弟も調理師になりたいと言い出した。

その時私は「せっかく父が興した事業を、神木社長
父の代で終わらせるのはもったいない。長男として継ごう」
と考えたわけです。


小さいころから父が家を建てている姿を見て、
格好いいなと憧れていたし、父が大工さんから『棟梁』と
呼ばれて『すごいな』と尊敬もしていたので、
進路変更に何も抵抗はありませんでした。
考えてみれば、調理師も工務店の仕事も、何もないところからモノを創り上げ、お客様に喜んでいただくということには、変わりがありませんからね」


そして同社に入社した神木社長は、お父様の薦めで建築専門学校に入学しました。

「父は『腕を磨くのも大切だが、これからの時代は資格を取得しておかなければお客様から信用されない』と考えていました。それで私は昼間は父の元で修業し夜は学校に通って、2級建築士の資格を取得しました。その後も勉強を続け、宅地建築取引主任者、1級建築士、増改築相談員、住まいの防犯アドバイザー、耐震設計施工技術などお客様のご要望にお応え出来るよう、さまざま資格を取得していきました。

資格だけでなく住まいに関するセミナーがあると時間の許す限り出席し、
さまざまな情報を入手していきました。お施主さまのお悩みごとは多伎にわたるし、
それに応えるためにはなるだけ多くの引き出しを持っていなければならないし、
何かをお客様に提案するのにしても自分が『これは素晴らしい』と納得し惚れ込んでいなければ、
お薦めはできないと考えているからです」

家族の幸せのカタチを実現するために

神木社長は会社案内やホームページで『住まいは家族が幸せに暮らすためにある』、
『工務店は幸務店』だとおっしゃています。この意味を教えてください。


神木社長「私は、住まいは家族が暮らすためのただの箱ものでは
ない。住宅は家族あっての住まいであり、
家族を幸せにするものでなければならないと考えています。
住宅の耐震性などの安全性は最低必須条件であり、
そのうえで快適で、家族が絆をつむげ、楽しく、人に優しくなれる環境を創ること、それが家づくりであり、
家族の皆さまとそれを創り上げていくのが幸務店の仕事だと思うのです」


「家族の幸せのかたちは家族の数だけあります。
家族の皆さまがどんな風に考え、どのようにしたいのか、それを熟知しておかなければ、幸せに暮らせる住まいづくりのお手伝いができないからです。
私は皆さまに住まいのイメージを持っていただくため、白紙の段階からショールームにお誘いしています。あるとき、奥さま任せで無口なご主人が、「実はジェットバスがいいな思っているんだよ」とおっしゃった。そこで「予算もありますから、帰って奥様とご相談しましょう」とお応えしました。


また別のお施主さまとのやりとりでは「今回は1階の水まわりだけにして、お子さまたちが大きくなる
10年後には、2階のリフォームを視野に入れておきましょう」といったご提案をしたことがあります。
ご予算に合わせた無理のないご提案、ご家族のライフサイクルを考慮し、将来を見据えたご提案ができるのが、幸務店だと自負しております。」

「えこひいき」でリピート率No.1に!!

地域に特化した活動はどのように行っているのでしょうか。

「当社では新聞の折り込みチラシによる営業活動は一切おこなっていません。
チラシだけでは価格比較でしか当社を判断することができないからです。


よく当社では「お客様のえこひいき」という言葉を使っています。この言葉には良いイメージを待たない方もいると思いますが、当社を選んでいただいたお客様を一生懸命になって大切にするという意味を込めて、あえて使っています。また、OB客様限定で「家族をつむぐ」というオリジナルの情報誌をお届けしています。暮らしに役立つ情報を「えこひいき」でOB様に送付しているのです。

夏祭り先日OB客様から「ハチが巣を作ったので駆除業者を紹介してほしい」と連絡をいただでききました。「当社でやりますよ」と伺い屋根に登ったところ、ちょっとした不具合を見つけました。
大きなトラブルになる前に発見、処置ができて更にお客様との信頼関係は強くなりました。これが地域に特化した活動だし、それを継続していけば『ふじみ野市・富士見市』といった地元でNo.1のリピート率、より良いサービスを提供できる工務店になれると信じて頑張っています」


下記画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

iecocインタビュー記事iecocoインタビュー記事2

応援し隊 ピックアップ記事

リフォーム・注文住宅に関するお問い合わせ
  • 熱いぜ社長の試し隊 取扱製品を実際に使ってみました
  • 熱いぜ社長の応援し隊 おススメのサークルやお店をご紹介
  • 熱いぜ社長のブログ 熱血営業社長のブログ
トップページへ

〒356-0052 埼玉県ふじみ野市苗間239
TEL:049-261-0535 FAX:049-261-0085

メールでのお問い合わせはこちら
施工エリア:埼玉県

富士見市

ふじみ野市

所沢市

川越市

三芳町

富士見市・ふじみ野で注文住宅、リフォームをご提供しています。

太陽光発電

バリアフリーリフォーム

が得意です。
住まいは家族が幸せに暮らすためにある

Copyright 2018 有限会社 神木工務店 All Rights Reserved.

お問い合わせ 資料請求