太陽光・省エネ

吹付け断熱、アクアフォーム いいんです! 1

2012.09.28

家族が幸せに暮らせる、優しい家も

いよいよ、断熱工事です。

異常気象の昨今、暑さ、寒さも、程々がなく

度を越していますよね。

せめて、家の中では、エネルギーは最小限に、

且つ、身体の為にも、温度変化の少ない

吹付け断熱をお勧め致しました。

アクアフォームです。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-通気スヘ゜ーサー

今回は屋根部、外壁部を 吹付けますので

屋根と断熱材との間に、結露防止の空気層を造ります。

それが上の、通気スペーサーです。

ダンボール製と、その上に輻射熱を遮る

アルミが塗布されているものがありますが

勿論、輻射熱を遮るシルバータイプを採用しています。

スペーサーの敷きこみは、当社町田君が行いました。

暑い中、ご苦労さまです。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-養生

外回りに絡む、電気配線を終わりにしてから、

工事になります。(吹付け後は隙間がなく、配線できないため)

吹付け前は、養生をします。

関係ない処に、付かないようにするためです。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-吹付け中

いよいよ、吹付けですが、別ダクトで新鮮な空気を

入れながらの作業で、暑い中では

余計大変です。

アクアフォーム事態も広がる時、80度くらいに

発熱致しますので、本当に作業員さんには

頭がさがります。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-吹付け完了

綺麗に吹きあがりました。

断熱製の確保及び機能の良さも勿論ですが、

この工法は、施工時、又、施工後のヒューマンエラーが

出ない事が、管理する側として、嬉しい事で

それは、良い環境が長続きする事を意味します。

中で働く大工さんにも、 外の暑い外気の左右されないと

仕事がしやすいと(扇風機の風が暑くない)好評でした。

仕上げてしまえば、見えない処ですが、

幸せに暮らすには、大事な要素です。

パート2は、サーモグラフィー画像での

確認レポートです。

           

新着記事