リノベーション

ふじみ野市 ”優しい家” リアロ腰壁 自作しました!

2012.11.16

ふじみ野市の ”優しい家”も佳境に入ってきました。

今回内装建具は、パナソニックのリアロシリーズ

なのですが、

(ムクの木よりも、本物らしいと評判のパナソニック一押しのシリーズです)

外観から、山小屋風を意識して、計画してきた、この住まい

ムク材の腰壁も視野にいれたのですが、

リアロシリーズの建具の出来が良く

その、イメージを壊さないで、腰壁をと

ご要望があり、試行錯誤しました。

リアロシリーズには、腰壁の設定がないのです。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-製作中

大工さんと共に、階段部材や、造作材のサンプルを

取り寄せ、なんとかリアロで腰壁をと考え

リアロ面材をベースに自作でつくる事になりました。

ボード張から、一工夫し目地を入れる処と

出隅部分が大変でしたが、

良い納まりとなりました。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-製作中2

雛段の階段や、廊下にも

ちゃんと細工をして

リアロ建具とおそろいの

世界にどこにもない腰壁が完成しました。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-完成

奥様は押花アートの先生です。

お母様台所のとなりに

作業スペース付のお部屋を

用意させて頂きました。

一段と落ちついた雰囲気のアトリエ風の

お部屋に近づいたと喜んで頂いてます。

組子の入った窓に、リアロチェリーの腰壁

とても、良い具合になりました。

仕上げ工事も佳境です。施主様の笑顔のため、

最後まで、”家族が幸せに暮らす”

住まいを実践して参ります。

           

新着記事