内装工事

富士見市で、介護保険手摺工事をお手伝いさせて頂きました!

2012.12.07

富士見市で、介護保険手摺を施工しました。

お施主様の要介護の状況とケアマネージャー

さんとの、打ち合わせでどこにどのような物を

付けるかを決定します。

ちなみに、介護保険工事の上限は20万円です。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-浴室施工前

浴室には、立ち座りがしやすくなるようにと

浴槽の出入りがしやすくなるように、取り付けます。

滑り易い処ですので、横型の連続手摺を施工しました。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-浴室連続

介護用イスから、使い易さを考えるのも大事になります。

水廻りですので、ステンレスと樹脂でできた手摺です。

段差がある浴室ですので、出入り口にも

サポート手摺をつけました。

これで安心して、入浴できます。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-トイレ施工前

トイレも一日に何度も使用する処ですので

大事です。

身体事預けられるよう、L型手摺を取りつけました。

実際、便器に座って頂き、本人に使い易い場所を決めます。

更に、生活圏である一階の玄関、廊下にも

横手摺を取りつけて、生活しやすくなりました。

熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】-トイレL型

介護保険工事はケアマネージャーさんとの連携や

提出書類も多くなるのですが、当社のOB施主様も

先代の父からのお付き合いのお客様は

ご高齢になってきました、

一日でも永く、ご自宅で過ごせるよう、そして

”家族が幸せで暮らす”事が出来るよう

率先して、お手伝いして行きたいと想っています。

           

新着記事