太陽光・省エネ

オール電化のメリットもう一度見直しませんか|1.お財布に優しい!

2015.05.31

いまだ、5月だというのに、連日の真夏日

皆さん、御身体なれるまで、ご無理なさらぬ

ようにしてくださいね。

早くも、エアコンを使いだした家庭も多いのでは、

震災後、電気代も上がる一方ですね、

そこで、今一度オール電化住宅のメリットと

賢い利用法を、三つのテーマ

1. お財布に優しい!

2. 高齢者にも優しい!

3. 災害時にも安心!

でお話をしていきます、

今回は "お財布に優しい”です。

エコキュート

まずは基本、オール電化住宅って何?

短く言うと

”家庭内のすべてのエネルギーを電気でまかなう暮らしのこと”

です。

家庭内で使われる大きなエネルギーには

調理(ガス、IHクッキングヒーター等)

給湯(ガス、灯油、エコキュート、電気温水器等)

冷暖房(エアコン、床暖房、ファンヒーター、ストーブ等)

照明器具・家電(白熱灯、蛍光灯、LED照明、白物家電等)

があります、

これらを電気のみでまかなうのが、オール電化住宅です!

パワーステーション

調理で使うエネルギーをIHクッキングヒーターにすると

火のない安全な暮らしが付いて、

効率90%の高火力の調理で調理時間を短くし

お手入れ楽々、空気も汚さない上、月の電気代は約1.020円です(平均)

一日平均28.4円です!

これからの季節エアコンをつかうリビングでガスが付いていたら、

冷やすのも大変ですよね!

エネルギーの多く使う給湯ですが、

空気の真空熱の技術で熱を造る、エコキュートに変えると

都市ガスの給湯器の1/5、灯油の給湯器の1/4、電気温水器の1/3になります、

月で1300円(平均)です。

特に夏のエコキュートの室外機からは、熱を取られた空気となり

冷気がでるのです、ヒートアイランド対策にも一役買いますよ!

冷暖房は、10年前の同じメーカーのエアコンの電気代

が約半分になっています。

古いものを永く使うのは、オゾン層を壊すだけでなく

お財布にも、優しくないのですね。

照明や白物家電も今はエコナビなどの省エネ機能が付き

LED照明も寿命が長い上に、電気代が安いですよね。

猿沢君と

使う物と一緒に、オール電化になると、電気料金プランが変わります、

一般の家庭では、従量電灯契約が多く、いつ何時電気を使っても

1kwh(1000ワットの電気ドライヤーを1時間使った時の電気量)

あたり、26円です。(従量電灯B)

オール電化の電化上手になると、1日が3つの電気料金に分けられます、

深夜の一番安い電気代 1kwh 12.16円 (午後11時~朝7時まで)

次は朝7時~10時と午後5時~午後11時の料金は 1kwh 25.92円(これが従量電灯とほぼ同じ)

気をつけなくては鳴らないのは、エアコン等世の中で一番電気を使う

昼間(午前10時~午後5時)までは逆に高い設定です、 1kwh 31.64円

いいことばかりでは、ありませんが、この昼間の高い電気を買わないようにするのが

自家発電の太陽光発電です。

(オール電化と太陽光発電が仲良しの話は、改めてお話します)

今はこの電化上手のプランの他にも、暮らし方で選べます、

詳しくは、東電さんHP をどうぞ!

http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/menu/home/home01-j.html

電気プランの付いてもう二つお話します。

一つは、ガス屋さんと東電さん両方に払っている基本料金を一本化に

することと、全電化住宅割引で上限2.160円が安くなる事。

もう一つは、安い深夜の電気代を上手く使うことで

通常使う電気代を安くできます(やるきのある、賢い奥様には朗報です!)

一例として、タイマーのある家電(洗濯機、食器洗い機、炊飯器など)は

夜中~朝7時までに動かす事などです。

(当社の電気自動車の営業車も夜しか充電できないようにしています

月の燃料(電気代) 1500円です)

このように機器と契約だけでも、

生きてる限り払い続ける光熱費が、ガス併用住宅よりも年間

約5万円削減できます(平均)

これに使い方を工夫・徹底することでの節約が加われば、、、

自分の所でも、実際省エネ設備などを皆さんに勧める前に

実際に使いデータをとって、実践してきました、

(HPの"熱いぜ社長の試し隊”を見てくださいね)

電気代が上がれば精製や運搬に電気を使うので、ガス代も上がるのです、

電気だけ上がるのではない事も知っておいてくださいね。

あの震災があった東北でも震災以降3割増しで増えています。

良いですか、皆さん ”生きてる限り払い続ける、光熱費”

を垂れ流しにしては、いくらお金があってもたりませんよ!

自分の家の光熱費を知る所から節約術まで、家族に笑顔を残す

ご相談に応じますので、是非当社をご活用ください!

次回は、”高齢者にも優しい、オール電化”のお話です!

           

新着記事