健康

ヒートショックにご用心|今シーズン最強の寒波がきています!

2016.01.21

先日の二年ぶりの大雪のせいで、暖冬と言われた日々が

どこかに行ってしまいましたね。

今週末には、また雪の予報がでています。

たいした事がなければと思っています。

この冬最強の寒波が近づいていますね。

この情報で、皆さんには御身体を大事に

していただきたく、ヒートショックのお話をします。

浴室

ヒートショックとは、おうちの中の寒暖の差が

原因でおきる、血圧の増減等による身体への

障害です。 例えば

急な血圧上昇による物には、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞等があります。

低血圧では、酸素欠乏による、脳麻痺での浴槽での溺死などがあります。

先程この最強寒波にあわせるように、国からヒートショックの情報がだされました。

ヒートショックで亡くなる方は、年間10000人以上(交通事故で亡くなる方が4100人)

およそ3倍です。いかに身近の危険かがわかりますね。

その中で注目したいのは、浴槽の溺死が4900人も

いる事です。

その9割は、65歳以上で10年前の1.7倍になっています。

高齢化が進んでいる事もありますが、いかに入浴に危険がひそんで

いるかがわかりますね。

ub

お風呂でのヒートショックを防ぐには、上の写真のように

ユニットのお風呂にすることで、かなり暖かく

気温差なく入浴する事ができます。

また、中々お風呂を換えるまではという方には

一番上の写真、普通のカンキセンを暖房カンキセンに

変更することもでも、かなりの危険を避ける事ができます。

インプラス

裸になる脱衣室も、是非暖めて上げてくださいね。

下の写真の電気ヒーターは人感タイプ(家電屋さんで売っていますよ)

ですぐれものです。

そしてその暖めた空気を逃がさず、また外の冷気を

いれないのが、上の写真の内樹脂窓インプラスです。

簡単なリフォームの上、二重サッシの効果は絶大です!

人感

トイレも寒い北側に多いですので、

是非応用してくださいね。

このような、おうちの中の不安と不満を

を解決をする、お手伝いを皆様に合わせて

ご提案、お手伝いしますので、

ご相談くださいね!

トイレ

最後に入浴中に事故をなくす、

安心の入浴法をしるしておきます。

湯の温度は、41度までです。

寒くてもそれ以上は心臓と血圧に負担がかかります。

湯船につかる時間は10分までです、長くつかれば良いというものではなく、

長湯は低血圧になり、酸素不足から脳が麻痺し、潜ってしまい溺死につながります。

41度以下の湯温と、入浴時間は10分まで是非覚えていてくださいね。

この寒波が過ぎると又、暖かくなるそうです、皆さんくれぐれも無理をされずに

御身体大事に過ごしてくださいね。

           

新着記事