熱いぜ社長のブログ

気密性能C値0.1の家に暖房用床下エアコンを設置しました

2021.10.21

気密性能C値0.1の家

ZOZOチャンピオンシップが始まり、日本人選手、PGA選手のスイングにワクワクが止まらない、熱いぜ社長神木です。
昨日は先日お引き渡しした、高気密高断熱住宅のお施主様が暖房用床下エアコンをつけたいとのことで、フラップ(エアコン吹き出し口のルーバー)等の確認に行ってきました。
冬に使う床下エアコンの場合は、基礎の中に下向きで噴出しするようにセットするためです。

 

まだ連続してつける時期ではないので、太陽光発電が動いているうちに、温めて様子をみることとしていただきました。
まだ壁等は暖まっていませんでしたが、床より暖気が良く出ていました。
気密性能C値0.1のおかげですね!
施主様は薄着に裸足、快適ですと言っていただきました!

 
あたたかい床
エアコンの設定は23度でしたが、床下のセンサーは28度超え、これは暖かいです!
やっぱり、暖かいものは下から、冷たいものは上から、鉄則ですね。

 
そして裸になる洗面脱衣室とユニットバスが1番暖かい、これは快適です!
構造計算で基礎を工夫した甲斐があります😊

 

当社は住まいを通じて、カーボンニュートラルに貢献していきます!

そのために必要なのは、
UA値0.39、C値0.1、一次消費税エネルギー39.3GJ、BEI0.37
そして耐震等級3

これらを標準に進めていきます😊
2050年カーボンニュートラルに向けて、一工務店として、未来の子どもたち、家族のために快適で省エネな住まい創りを社員一同がんばります!

関連記事
           

新着記事